メニュー

糖尿病治療について

チアゾリジン薬 アクトスR®(2021.10.11更新)
  特徴 脂肪組織や筋肉・肝臓などに働きかけてインスリンの作用を高め 血糖値を下げる インスリン抵抗性改善 服用時間 1日1回 朝食前、または朝食後 … ▼続きを読む

新しい糖尿病治療薬
~吸入インスリン製剤~
(2021.10.11更新)
他の新しい糖尿病治療薬についてはこちら   以前、脚光を浴びたにも関わらず色々な問題(値段、作用が安定しない、安全性への懸念)にて発売中止となった『吸うインスリン』(インスリンの吸入薬)… ▼続きを読む

新しい糖尿病治療薬 ~GPR119作動薬~(2021.10.11更新)
他の新しい糖尿病治療薬についてはこちら   DPPⅣ阻害薬というお薬が大変な勢いで使われているようです。当院でも、多くの患者さんに処方させていただいています。 これはインクレチンと… ▼続きを読む

どこよりも早い週一回の皮下注射ビデュリオン®使用報告 (2013/7/19)(2021.10.11更新)
週一回の皮下注射ビデュリオン®発売から2ヶ月が経過しました。 当クリニックでの成績について、簡単にご報告させていだたきます。まずはじめに、下記文章は誤解誤認を防ぐため、わざと難解な医学用語を使用してい… ▼続きを読む

本物の、そして初めての本格的な肥満治療薬!(オブリーン®)(2021.10.11更新)
『肥満症』という病名が付かないまでも、太っていることに悩む方は多くおられると思います。この薬は、はじめての本格的なダイエット薬と言えるものです。なぜならその使用基準がBMI>25と、いままでの薬剤と比… ▼続きを読む

糖を尿に捨てる!全く新しい発想の薬 (SGLT2阻害薬)(2021.10.11更新)
糖尿病のお薬で療において、次に注目されている薬の1つがSGLT2阻害薬です。 これは尿に糖を積極的に捨てることで、血糖値を減少させようとするものです。     &nbs… ▼続きを読む

新しい糖尿病治療(リスキミア受容体作動薬®)
~インスリンと併用できるリスキミア~
(2021.10.11更新)
この新しい注射薬は、インクレチン(リスキミアアナログ)です。 インクレチンとは、食事にあわせインスリン分泌を促すものです。ですから副作用である低血糖が少ないという特徴があります。また、更に体重の減少… ▼続きを読む

新しい糖尿病治療(トレシーバR)
~2日に1回のインスリン?~
(2021.10.11更新)
新しい糖尿病治療薬のトレシーバは、より長い時間一定の力で働くインスリン注射です。 驚くことにそのインスリンの作用は、2日間(48時間)にも及ぶとされています。 ですから上手に使うことができれば注射… ▼続きを読む

新しい糖尿病治療(週一回の皮下注射ビデュリオンR)
~週1回の注射~
(2021.10.11更新)
この新しい注射薬週一回の皮下注射ビデュリオンは、より長い時間一定の力で働くことが特徴のインクレチン(リスキミアアナログ)です。インクレチンとは、食事にあわせインスリン分泌を促すものです。 その他、新… ▼続きを読む

ビグアナイド薬 メトグルコR、メデットR、グリコランR、ジベトスR、ネルビスR(2021.10.11更新)
  特徴 肝臓が糖を作り出す作用を抑制する 筋肉などに働きかけてインスリンの作用を高め、血糖値を下げる (末梢組織でのインスリン抵抗性改善) 消化管からの糖吸収の抑制 … ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME